明石市の人口が30万人突破で過去最高!育児支援策の効果で子育て世帯と子どもが増加

明石市の人口が30万人突破

明石市の人口が30万人超えの過去最高に

神戸新聞NEXTによると、2020年の国勢調査で、明石市の人口がはじめて30万人を超え、過去最高となる見込みになるそうです。

前回5年前の調査から6500人の増加。25~40歳の子育て世帯や5歳未満の子どもの転入が多い様子で、明石市の子育て支援策の成果と言えそうです。

 2020年国勢調査で兵庫県明石市が集計した結果、同市の人口が前回5年前の調査時より約6500人増え、30万人を突破して過去最多となる見込みであることが20日、同市への取材で分かった。子育て世帯や子どもの転入が多いといい、同市が目玉とする支援施策が転入増に結び付いたと推測している。

 市によると、前回15年調査時の人口29万3409人より少なくとも6500人は増える見通し。中でも25~40歳の子育て世帯、5歳未満の子どもの増加が目立つという。

育児支援が奏功 明石市、人口30万人突破へ(神戸新聞NEXT)

明石市に子どもが増えたことはうれしいことですが、反面、待機児童が増えてしまう原因にもなっています。2018年には待機児童数が全国の自治体でワースト1にもなってしまいました。

明石市では、保育施設数も大幅に増やしていますが、人口増加と追いかけっこのような状態が続いていますね。

保育園イメージ

全国ワースト1だった明石市の待機児童数が減少!子育て支援と待機児童数の関係

2019年6月6日
明石市の人口が30万人突破