ホントに時計にそっくり!明石天文科学館にトケイソウを見に行ってきました

天文科学館とトケイソウ

明石天文科学館でトケイソウを見てきた

明石天文科学館にトケイソウを見に行ってきました。

トケイソウは、広がった花の真ん中から出ている3本の雄しべが時計の針のように見え、時計盤のような咲き方をすることから名づけられた面白い花です。

天文科学館の館長さんによると、毎年計ったように時の記念日である6月10日頃に咲き始めるとのこと。まさにトケイソウの名前がピッタリの花です。

入り口の通路沿いにトケイソウが植えられています

天文科学館の入り口

天文科学館の入り口から、ずらっとトケイソウの植えられた鉢が並んでいます。

ところが、鉢からツタは伸びていますが、花が見当たりません。

小さいですが1輪トケイソウを発見

ツボミのトケイソウ

よく探すと、1輪小さいですがトケイソウが見つかりました。

まだ開きかけですね。

開いているトケイソウも見つかりました

天文科学館とトケイソウ

もう1輪咲いているトケイソウがありました。

しっかり開いていますが、こちらは逆に全盛は過ぎている感じ。

トケイソウの正面

真正面から見るとこんな感じです。

時計に見えませんか?え、見えない?

もう少し雄しべが3方向に真っすぐ伸びているとそれっぽく見えるんですが。。。

時計に見えるトケイソウ

雄しべがしっかり伸びるとこんな風に時計のように見えます。

ちなみに、先日何かのニュースで紹介されていましたが、トケイソウというのは和名で、南国の果物「パッションフルーツ」の花らしいですね。

例年8月中旬くらいまではトケイソウの鑑賞が楽しめます。
明石天文科学館に行く機会があれば是非見てください!

明石天文科学館について

明石天文科学館

【休館日】月曜日、第2火曜日、年末年始
【営業時間】9:30~17:30(入場は16:30まで)
【所在地】兵庫県明石市人丸町2-6
【閲覧料】大人:700円、高校生以下:無料
 ※トケイソウは入館しなくても見ることができます
【所在地】兵庫県明石市人丸町2-6
【アクセス】JR明石駅から東へ徒歩約15分、山陽電車人丸前駅から北へ徒歩約3分

ホームページ 明石市立天文科学館

明石天文科学館

明石天文科学館でブラックホールを見てきました&プラネタリウムとパネルで解説あり

2019年4月16日
天文科学館とトケイソウ