「城と明石の400年ー明石藩の世界Ⅶー」明石市立文化博物館の特別企画展 9/14~

城と明石の400年ー明石藩の世界Ⅶー

明石市立文化博物館の特別企画展

明石市立文化博物館では、2019年9月14日(土)から、明石市制施行100周年を記念した特別企画展「城と明石の400年ー明石藩の世界Ⅶー」が開催されます。

江戸時代初期1619年の明石城築城とともに歴史を重ねてきた明石の町。企画展では、400年の歴史を伝える古文書や絵図・地図のほか、初代明石藩主小笠原忠政(忠真)所用の甲冑、旧明石藩士ゆかりの甲冑・刀などが展示されます。

市制100周年をむかえる明石市。明石海峡に面したこの地が発展するきっかけは、江戸時代初期1619年の明石城築城でした。城とともに城下町が整備され、藩領の村々では農業用水などの生活インフラが整備され、豊かな経済活動と人々のくらしが展開しました。幕末維新の動乱期を経て、明治中期には旧武家町に鉄道が開通し、城と明石の歴史は新たな局面を迎えます。 本展では、400年の歴史を伝える古文書や絵図・地図に加えて、初代明石藩主小笠原忠政(忠真)所用の甲冑や、旧明石藩士ゆかりの甲冑・刀などを展示し、城とともに城をこえて大きく発展した明石の400年を見つめます。

明石市立文化博物館

開催は、9月14日(土)から10月20日(日)まで。
大人500円、大学生・高校生400円、中学生以下は無料。

期間中は、講演会「明石藩日記から見る近世後期・幕末期の明石藩政」「“廃城令”の時代を生きた士族たち」、はじめての古文書講座、ギャラリートーク、城と城下町の100年間ー古写真展ーなど、関連イベントも開催されます。イベント参加には事前申込が必要なものもありますので、詳しくは明石市立文化博物館のホームページをご確認ください。

「城と明石の400年ー明石藩の世界Ⅶー」の日程・料金

明石市立文化博物館

【開催日】2019年9月14日(土)~10月20日(日)
【時間】9:30~18:30
【定休日】月曜日休館(ただし、9月16日、23日、10月14日は開館)
【料金】大人:500円、大高生:400円、中学生以下無料
【場所】明石市立文化博物館
【所在地】兵庫県明石市上ノ丸2-13-1
【アクセス】明石駅から北に徒歩5分

ホームページ 明石市立文化博物館

城と明石の400年ー明石藩の世界Ⅶー

ABOUTこの記事をかいた人

明石たうんず編集部

明石育ち。しばらく明石を離れて久しぶりに帰ってきたら明石の町並みがすっかり変わっていてビックリ。明石駅近隣に住むスタッフ2名で、明石駅から徒歩圏内を中心にちょっとニッチなタウン情報をお届けしています。