【新型コロナウイルス】給付金・助成金・融資・支払猶予など個人向け支援情報まとめ

【新型コロナウイルス】給付金・助成金・融資など個人向け支援情報まとめ

新型コロナウイルスに関連して、給付金や助成金、補助金、融資、支払猶予など、個人向けの支援策がいろいろと発表されています。

現時点で把握できている情報をまとめました。

特別定額給付金(仮称)

生活支援臨時給付金(仮称)から見直し
令和2年度補正予算案成立後に詳細発表の予定

【対象】
基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入が減少し、生活に困っている世帯
【内容】
給付対象者1人につき10万円を給付 1世帯あたり30万円を給付

ホームページ 特別定額給付金(総務省)

持続化給付金

令和2年度補正予算案成立後に詳細発表の予定

【対象】
新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している方。(小規模事業者、フリーランスなど個人事業者も対象)
【内容】
個人事業者は100万円を給付(法人は200万円)
昨年1年間の売上からの減少分が上限 ※売上減少分の計算方法は経産省のホームページ参照

ホームページ 持続化給付金(経済産業省)

ひとり親世帯に3万円支給

明石市は、新型コロナウイルスに関連した独自の生活支援策として、ひとり親世帯に現金3万円を支給することを決めました。

明石市によりますと、新型コロナウイルスの影響で、市民から「収入が減った」という声が多く寄せられているということで、明石市はとりわけ、ひとり親世帯は生活に困窮しているとして、各世帯に3万円を支給することにしました。
対象となるのは、児童扶養手当の支給を受けている市内のおよそ2100世帯で、手当が支給される来月11日に上乗せして銀行口座などに振り込むということです。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20200408/2020007274.html

緊急小口資金(新型コロナウイルス特例貸付)

【対象】
兵庫県内に居住し、新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯の方。(未成年者を除く)
【内容】
10万円以内で無利子貸付。一定要件に該当する場合は20万円以内。
据置期間12ヶ月以内、償還期間は、据置期間終了後24ヶ月以内。

ホームページ 新型コロナウィルス特例貸付について(明石市社会福祉協議会)

総合支援資金(生活支援費/新型コロナウイルス特例貸付)

【対象】
新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
【内容】
生活再建までの間に必要な生活費用の貸付
単身世帯月額15万円以内、複数世帯月額20万円以内
貸付期間3ヶ月以内

ホームページ 新型コロナウィルス特例貸付について(明石市社会福祉協議会)

電気料金の支払期日の猶予

【対象】
新型コロナウイルス感染症の影響により、電気料金の支払いが困難な事情がある方
【内容】
電気料金の支払期日の猶予

ホームページ 経済産業省

ガス料金の支払期日の猶予

【対象】
新型コロナウイルス感染症の影響により、ガス料金の支払いが困難な事情がある方
【内容】
ガス料金の支払期日の猶予

ホームページ 経済産業省

【新型コロナウイルス】給付金・助成金・融資など個人向け支援情報まとめ