【新型コロナウイルス】明石城(明石公園)坤櫓の公開が3/15まで一時中止(休止延長)

明石城(明石公園)坤櫓の公開一時中止

明石城・坤櫓の公開が一時中止

櫓公開の中止について

3月からスタートしていました明石城の坤櫓(ひつじさるやぐら)の一般公開ですが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月5日(木)~3月15日(日)の期間、一時的に公開中止となっています。

一応15日までとなっていますが、感染の状況によっては延長もあり得るかもしれません。

(2020/3/16追記)
櫓公開の一時中止について

15日までの予定でしたが、感染の状況から「当面の間」中止が継続されることになりました。

坤櫓

築城当時は、現存する坤櫓と巽櫓と併せ全部で4つの櫓があり、その中でも坤櫓は一番大きな櫓。天守台のすぐ南にあり、天守閣の作られなかった明石城では、この坤櫓が天守閣に変わる役割を果たしていたようです。

下の写真は天守台から坤櫓を撮ったものです。

天守台から見た坤櫓

一般公開されている明石城の坤櫓(ひつじさるやぐら)を見学してきました

2019年4月12日
明石城(明石公園)坤櫓の公開一時中止