明石天文科学館の塔時計の修繕が行われています!1/14から2/17まで

明石天文科学館の塔時計の修繕実施

明石天文科学館の塔時計の修繕実施

昨日1月14日から、明石天文科学館の塔時計の修繕が始まっています。

お昼頃に行ってみると、13階と14階の展望室南側から時計の部分に足場が組まれていました。

時計の裏の足場で作業している方が見えます

時計の裏の足場で作業している方が見えますね。見ているだけで足がすくみそうです。

修繕期間は2月17日(月)まで。

期間中は展望室から南側の景観はちょっと見づらくなりそうです。

ちなみに晴れているときの展望室からの眺望はこんな感じです。

明石天文科学館の展望室からの眺望

目の前には明石海峡を臨み、明石海峡大橋や淡路島を見ることもできます。

明石天文科学館の展望室からの眺望

360度のパノラマ!明石天文科学館に行ったら素晴らしい眺望を楽しもう!

2019年4月25日
2/1の天文科学館の様子

2/1の天文科学館の様子

今日電車で見かけたら時計まわりは全面緑のカバーがされていました。
時計の前には「調整中」の垂れ幕も。

修繕後の塔時計

修繕後の時計塔

修繕後の時計塔の姿です。
カラーリングやデザインはほとんど変わっていませんが、よく見ると「SEIKO TIME」の文字が「SEIKO」に変わっています。

1/14~1/17まで休業

久しぶりに天文科学館を見学して帰ろうと思っていましたが、残念ながら今日はお休みでした。

ホームページを見ると、1月17日(金)まで臨時休業となっていました。

お出掛けの方は注意してください。

公式Twitterによると館内設備(プラネタリウムや塔時計など)のメンテナンス作業が実施されているようです。

明石天文科学館について

明石市立天文科学館

【休館日】月曜日、第2火曜日、年末年始
【営業時間】9:30~17:30(入場は16:30まで)
【所在地】兵庫県明石市人丸町2-6
【閲覧料】大人:700円、高校生以下:無料、各種割引あり
【アクセス】JR明石駅から東へ徒歩約15分、山陽電車人丸前駅から北へ徒歩約3分

ホームページ 明石市立天文科学館

明石天文科学館

明石天文科学館でブラックホールを見てきました&プラネタリウムとパネルで解説あり

2019年4月16日
明石天文科学館の塔時計の修繕実施

ABOUTこの記事をかいた人

明石たうんず編集部

明石育ち。しばらく明石を離れて久しぶりに帰ってきたら明石の町並みがすっかり変わっていてビックリ。明石駅近隣に住むスタッフ2名で、明石駅から徒歩圏内を中心にちょっとニッチなタウン情報をお届けしています。