360度のパノラマ!明石天文科学館に行ったら素晴らしい眺望を楽しもう!

明石天文科学館から見える大パノラマ

明石天文科学館の搭時計

明石天文科学館は、プラネタリウムや展示物など見どころはたくさんありますが、塔時計からの眺望も忘れてはいけません。

搭の高さは47.5mあり、時計部分の下の部分になる13階・14階には展望室があり、360度の大パノラマが広がります。

13階の展望室

13階には双眼鏡が設置されています

13階の展望室

展望室は13階と14階にあります。

13階は14階に比べると少し狭いですが、双眼鏡が設置されています。明石海峡大橋も間近に見ることができます。

14階部分が軒のようにせり出しているので光が入りにくくちょっと暗めです。

プラネタリウムドーム

真下にはプラネタリウムドームの天井や日時計が見えます。

14階の展望室

開放的な展望フロア

14階の展望室がメイン。明るいフロアで、広々として開放的です。

360度のパノラマで、すばらしい眺望が広がっています。

明石海峡大橋を臨む大パノラマ

明石海峡大橋を臨む大パノラマ

目の前には明石海峡を臨み、世界一長い吊り橋「明石海峡大橋」や淡路島を見ることもできます。

今日は天気もよく、青空が広がり本当に気持ちが良かったです。

月照寺・柿本神社

月照寺

北側には曹洞宗の寺院・月照寺(げっしょうじ)もよく見えます。

柿本神社

こちらはお隣の柿本神社(かきのもとじんじゃ)です。歌仙・柿本人麻呂が祀られています。

明石遊歩道「時の道」をのんびり散策!明石城~月照寺~柿本神社~明石天文科学館

2019年4月17日

明石城の櫓も見えます

西側の景色

西側からの景色です。小学校のグラウンドの向こうに見える緑の場所が明石公園です。

ちょっと小さいですが、明石城の櫓も見えます。

東には舞子や須磨の鉢伏山の方まで、北には西神エリアまで見渡せます。

明石天文科学館について

明石天文科学館

天文や宇宙に関するさまざまな展示。プラネタリウム天体観測イベントなど、天文について楽しみながら学習することができます。

【休館日】月曜日、第2火曜日、年末年始
【営業時間】9:30~17:30(入場は16:30まで)
【所在地】兵庫県明石市人丸町2-6
【閲覧料】大人:700円、高校生以下:無料、各種割引あり
【アクセス】JR明石駅から東へ徒歩約15分、山陽電車人丸前駅から北へ徒歩約3分

ホームページ 明石市立天文科学館

明石天文科学館

明石天文科学館でブラックホールを見てきました&プラネタリウムとパネルで解説あり

2019年4月16日