ジェノバラインに乗ってきました!明石から淡路島まで10分ちょっとの船旅を楽しめます

ジェノバライン

ジェノバラインで淡路にちょっと船旅

お盆前の三連休、久しぶりにジェノバラインに乗って淡路島まで行ってきました。

特に目的は定めず適当旅。ランチに東浦の回転すし「金太郎」に行くことだけを予定して、あとは周回バスに乗って行けるところに行ってみることに。

船に乗っている時間は13分ほどですが、途中明石海峡大橋をくぐったり、海上から神戸の街並みや山々を眺めたり、見どころも多くちょっとした船旅気分を味わえます。

ジェノバライン明石港

淡路ジェノバライン乗り場

船はジェノバラインの明石港から出港します。

明石駅からであれば、明石駅の西側の道を真っすぐ南に進んだ場所にあります。徒歩では8~9分ほど。

花・食巡り1day切符

花・食巡り1day切符

ジェノバラインの明石港⇔岩屋港の往復チケットと、淡路島北部の観光施設を周回する「フラワーリングバス」の1日乗り放題乗車券がセットになった「花・食巡り1day切符(大人1名1400円)」を購入します。

こちらは自販機では売っていないので窓口で購入します。

チケットと一緒にもらったパンフレットに、停車するバス停や時刻表も載っています。

周回するコースとバス停はこんな感じです。
フラワーリングバスの停留所

ジェノバラインにいよいよ乗船です

ジェノバライン

ジェノバラインにいよいよ乗船です。

3連休ということもあってか、自転車やロードバイク、単車の方も多いですね。

最近は、淡路島を一周150kmの距離をサイクリングする「あわいち」が人気のようです。

二輪の方が先に乗船してから、その後から乗船します。

乗船した船は「まりん・あわじ」。2015年に就航した一番新しい船です。

カタマランタイプの高速双胴船で、船の形もスピードが出そうでかっこいいです。

船体のデザインも明石・淡路らしく、旅情が高まります!

船内にはエアコンの効いた1階席のほか、2階にもデッキ席があります。迷わず2階席に。

淡路島に向かって出航

旧波門崎燈籠堂

淡路島に向かって出航です。潮風が気持ちいい!

明石港を出ると、すぐに旧波門崎燈籠堂(きゅうはとさきとうろうどう、通称:明石港旧灯台)が見えてきます。

この旧灯台は、日本に残存する日本最古の石造りの灯台で、国の登録有形文化財にも登録されています。

ちなみに、ここは釣りスポットとしても人気で、いつも釣り人が大勢きて釣りを楽しんでいます。

明石海峡大橋の真下をくぐります

明石海峡大橋

港を出ると目に入ってくるのが明石海峡大橋です。

船は大橋に向かって真っすぐ進んでいきます。

天気のいい中、明石海峡大橋を眺めながら浴びる潮風が気持ちいいです!

明石海峡大橋の真下

いよいよ明石海峡大橋の真下をくぐります。

真下から見る大橋は大迫力。圧巻です。

神戸の方を見れば、舞子・垂水の町並み、須磨浦公園の山々まで見えています。

岩屋港に到着

岩屋港

明石海峡大橋をくぐって5分もすると、淡路島の岩屋港が見えてきました。

山の上には、淡路サービスエリアの大観覧車も見えています。

フラワーリングバス

フラワーリングバス

岩屋港に着いたら、ポートビルの中を左手に進んだ先にバスターミナルがあり、フラワーリングバスの乗り場はビルを出たすぐにあります。

かわいい淡路市のマスコットキャラクターが迎えてくれます。

あわ姫1号

フラワーリングバスは、この1種類ではなくて、デザイン・サイズの異なるバスが走っていました。

あわ姫2号

あわ姫(あわひめ)がデザインされた「あわ姫2号」

あわ姫のモデルは、国生みの神話に登場する「イザナミノミコト」がモデルのようです。

あわ神3号

こちらは、あわ神(あわじん)がデザインされた「あわ神3号」

あわ神のモデルは、同じく神話に登場する「イザナギノミコト」がモデルのようです。

かぶっている帽子は、なんと明石海峡大橋の形をしています(^^;

フラワーリングバスの停留所

時計回りの場合

  • 岩屋ポートターミナル
  • 淡路夢舞台サスティナブル・パーク
  • 国営明石海峡公園淡路口前
  • 淡路夢舞台前・国営明石海峡公園前
  • 東浦バスターミナル
  • ハーモニーファームあわじ
  • あわじ花さじき
  • 淡路カントリーガーデン
  • 兵庫県立淡路景観園芸学校
  • グリナリウム淡路島
  • 兵庫県立淡路島公園
  • 淡路ハイウェイオアシス
  • 淡路IC高速バス停前
  • 岩屋ポートターミナル

回転すし金太郎

淡路島について早々ですが、ランチに向かいます。

目指すバス停は「東浦バスターミナル」。
フラワーリングバスの周回ルートの一番南に位置するバス停です。

岩屋港からは、時計回りで約20分ですが、ちょうど良い時間に着く便がなく、ちょっと遠回りですが反時計回りのバスに乗っていきます。

30分ほどバスに乗って「東浦バスターミナル」に到着。

回転すしの「金太郎 東浦店」はバスターミナルから北に5分ほど歩いたところにあります。

オープン直後の11:40頃に着いてしまったので、すでに11組も待っていました。

待つこと50分。ようやく席に着くことができました。

金太郎は、回転すしのお店ですが、ネタは新鮮で、天然ヒラメや真鯛、太刀魚、さごし、はも炙りなど淡路産の地のものも多く握ってくれます。

地元のお魚を中心にお腹一杯いただきました。

どのお寿司も美味しかったですが、真鯛・シマアジ・はも炙りがお気に入り。ヤリ・モンゴ・アオリの3種類のイカの食べ比べのできるいか三昧も、味の違いがよく分かって美味しかったです。

赤出汁に入っているワカメも味が濃くて美味でした。

淡路ハイウェイオアシス

淡路ハイウェイオアシスにもちょっと寄り道。

ちょっと高台から、淡路サービスエリアの観覧車や明石海峡大橋も見渡せます。

この暑い中、冷えた淡路の地ビール「あわぢびーる」が最高!

ハイウェイオアシスからは、NARUTO&BORUTO、クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク、ナイトウォーク火の鳥などのアトラクションの楽しめる「ニジゲンノモリ」もすぐ近く、海外の方もたくさん来ていました。

パワースポット「絵島」

岩屋港のすぐ前にパワースポットがあります。

高速船の降り場から真っすぐ出口を出た先に「絵島」が見えています。

絵島は、国生みの神話に登場する日本最初の島「オノゴロ島」ではないかという説もあります。

そういう風に聞くと、なんとなくパワーがもらえる気がしてきますね。

絵島には橋がかかり渡ることもできます。

明石に帰ります

淡路を満喫して明石に帰ります。

帰りも明石海峡大橋がきれいです。

明石港が見えてきました。楽しいショートトリップでした。

明石からはいつも目の前に見えている身近な淡路ですが、船で渡るだけでちょっとした旅行気分が楽しめました。

淡路のレンタサイクル

岩屋港の駅前にはレンタサイクルもあったので、次回は自転車で回ってみたいなと思います。

トモチャリ

【レンタサイクル】1,000円~
【電動アシスト付き】2,000円~

岩屋観光案内所(淡路島観光協会)

【レンタサイクル】500円~
【電動アシスト付き】1,000円~


20インチの電動アシストなしのレンタサイクル


26インチの電動アシスト付きのレンタサイクル

明石駅でも自転車を借りていくことができます。

駅リンくんJR明石駅

レンタサイクル「駅リンくんJR明石駅」で自転車を借りる(利用方法・営業時間・料金)

2019年5月20日
淡路島タコステの海鮮丼

淡路島タコステでボリューム一杯の海鮮丼を食べてきた!岩屋たこフェリー跡地

2020年4月7日
ジェノバライン