淡路島タコステでボリューム一杯の海鮮丼を食べてきた!岩屋たこフェリー跡地

淡路島タコステの海鮮丼

淡路島タコステに行ってきた

淡路島タコステ

本日は番外編。明石市のお向かい淡路島をレポート。
明石からはジェノバラインを使えば10分ちょっとで淡路島に渡れます。

淡路島の岩屋、たこフェリー乗り場に跡地にオープンした「淡路島タコステ」に行ってきました。
淡路島タコステは、2020年3月10日にオープンしたばかりの複合施設です。

タコステの入り口

タコステの入り口からの写真です。
このアングルから見ると何となく当時のたこフェリー乗り場の面影が残っています。

タコステの店内

タコステの店内

店内には淡路の名産品がずらりと並んでいます。
左手には、スナックコーナー、右手には海鮮料理レストランがあります。

淡路島と言えば「たまねぎ」

たまねぎスープ

淡路と言えば「たまねぎ」。
このたまねぎスープは定番。ハイウェイオアシスでも無料で飲めますが、美味しいのでいつも買って帰ります。

淡路島のたまねぎ

生のたまねぎも売られています。
ちりめんじゃこを肥料にした「ちりたま」はフルーツ並みに糖度が高いたまねぎなんだとか。

他にも、なると金時やお米、ニンジンなども販売されています。

おみやげにも喜ばれそうなせんべい

「たこちりめんせんべい」や「たまねぎせんべい」など、おみやげにも喜ばれそうなものもたくさん置かれています。
玉ねぎポテトチップスも美味しそうですね。

海鮮料理のえびすで「海鮮丼」をいただきます

海鮮料理えびす

ランチは、タコステの中にある海鮮料理「えびす」でいただきます。

えびすのメニュー(定食・丼もの)

メニューは、定食や丼もの、うどんなど。
海鮮料理屋さんですが、定食もあります。

唐揚げ定食(780円)、とんかつ定食(1,080円)、天ぷら定食(1,100円)、カレー(580円)
海鮮は、鯛の卵かけご飯(1,000円)、天丼(1,000円)、海鮮丼(1,380円)

えびすのメニュー(丼もの)

いか丼(880円)や淡路島名物の釜揚げしらす丼(880円)もあります。

他にも、数量限定のぶり丼などの追加メニューも。
残念ながら生しらす丼にはちょっと時期が早かったようです。

えびすのメニュー(うどん)

うどん(450円)や天ぷらうどんセット(830円)などもリーズナブルな価格設定です。
淡路島のクラフトビール「あわぢびーる」もいただけます。

海鮮丼

淡路島タコステの海鮮丼

海鮮丼がきました。
タイ、ハマチ、マグロ、タコ、穴子、カツオ、イクラ、タイ皮の湯引き、錦糸卵、ワカメなど、ボリュームたっぷりです。

ワカメのお味噌汁が付いています。

海鮮丼をいただきます

さっそくいただきます。
淡路・明石の地のものだけではありませんが、魚は新鮮です。
ボリューム一杯でこれだけでお腹いっぱいになりました。

店内は広々

えびすの店内

店内は、4人席が9つ、2人席が8つあり、広々としています。

スナックコーナー

スナックコーナー

スナックコーナーもあります。
ソフトクリームやドリンク、フライもの、串焼きなどが販売されています。
海鮮丼でお腹いっぱいで買えませんでしたが、いちじくのフライやコロッケといった変わり種もありました。
淡路牛コロッケも美味しそうでした。

タコステリッチオーレ

タコステリッチオーレ

抹茶オーレにソフトクリームののった「タコステリッチオーレ」。
底に入った抹茶シロップをよく混ぜていただきます。

オーレ以外にも、プチトマトを使った炭酸ドリンク「タコステレッド」も人気とのこと。

ビワ&淡路島牛乳ソフトクリーム

ビワ&淡路島牛乳ソフトクリーム

淡路島牛乳とビワシャーベットのミックスソフトクリーム。
ソフトクリームは濃厚なミルクアイスを期待して食べましたが、ラクトアイスのようなあっさり系のソフトでした。

たこ焼きや唐揚げなどのブースも

チャレンジショップ

4月からは、チャレンジショップとして、たこ焼きと唐揚げのブースがオープンしています。
唐揚げのふくカラは地元の方にも人気のようで、持ち帰りのお客さんがたくさんいました。

淡路島タコステ

淡路島タコステ

【住所】兵庫県淡路市岩屋1414-27(たこフェリー乗り場跡地)
【営業時間】10:00~18:00(海鮮料理えびすは11:00~16:00)
【定休日】水曜日

※掲載情報は取材当時のものです。現在は情報が変わっている場合があります。

ホームページ 淡路島タコステ

ジェノバライン

ジェノバラインに乗ってきました!明石から淡路島まで10分ちょっとの船旅を楽しめます

2019年8月12日
淡路島タコステの海鮮丼