今日の夕方から「部分日食」が観察できます。天文科学館のYoutubeでライブ中継も

明石で部分日食を観察

本日の夕方「部分日食」を観察しよう

本日2020年6月21日(日)の夕方、日本全国で「部分日食」が観察できます。

今回は、欠け始めから、終わりまでを見ることのできる観測条件の良い部分日食となります。

明石での食分は0.544。太陽直径の半分以上が欠けて見ることができます。

日食は16:05に始まり、最も大きく欠ける「食の最大」は17:10。日食が終わるのは18:07です。

今回の日食を見逃すと、次回明石では10年後の2030年まで見ることができないようです。

日食の観察方法

太陽はたいへん強い光と熱を出しているため、安全な方法で観察することが大切です。

部分日食のときには、太陽の一部は月によって隠されていますが、光や熱が強いことに変わりはありません。正しい方法で観察しないと、目を痛めたり、最悪の場合には失明してしまう危険性もあります。

肉眼での観察はもちろん、サングラスや色付きの下敷きなどでの観察も絶対にやめましょう。

日食を観察する場合には、専用の「日食グラス」を利用するのが一番です。

日食グラスが手元にない場合には、手鏡を使って壁に反射する太陽の形を観察したり、木漏れ日で葉の間を通過した太陽の形を観察するなどの方法があります。

木漏れ日で日食観察

木漏れ日でも日食観察できます

国立天文台のホームページでも、これらの観察方法のほか、ピンホールを利用した観察方法も紹介されています。

ホームページ 国立天文台 日本全国で部分日食(2020年6月)

明石天文科学館がYoutubeでライブ中継

16:00から、天文科学館では、Youtubew使った部分日食のライブ中継が開催されます。

日食グラスをお持ちでない方は、こちらの中継で日食をお楽しみください。

明石で部分日食を観察