生誕250年を記念した特別講座「高田屋嘉兵衛物語」 1/25 兵庫県立図書館

高田屋嘉兵衛物語

高田屋嘉兵衛生誕250年記念の特別講座開催

淡路島出身の豪商、高田屋嘉兵衛。
司馬遼太郎の小説「菜の花の沖」に主人公となったことでも知られる人物です。

2019年は高田屋嘉兵衛生誕250年。日本とロシアを繋いだ彼の生誕250年を記念した特別講座「高田屋嘉兵衛物語」が、2020年1月25日(土)に開催されます。

講師は、高田屋嘉兵衛親族の子孫となる髙田耕作(たかたこうさく)氏。

高田屋嘉兵衛に関する書籍や論文を執筆するほか、各種講演会・勉強会における講師として活動している髙田氏が、高田屋嘉兵衛の波乱万丈の生涯をわかりやすく紹介してくれます。

参加無料。定員は40名。地域の偉人・歴史に興味のある方であれば誰でも参加可能です。

県立図書館のホームページから申込。

高田屋嘉兵衛物語の詳細

日程

【開催日】2020年1月25日(土)
【時間】13:30~15:00(受付:13:00~)

料金

【料金】無料

講師

【講師】髙田 耕作 氏(高田屋嘉兵衛翁顕彰会 相談役)

定員

【定員】先着40名
【締切】2020年1月18日(土)締切

会場・アクセス

兵庫県立図書館

【会場】兵庫県立図書館 第2研修室
【所在地】兵庫県明石市明石公園1-27

ホームページ 兵庫県立図書館

高田屋嘉兵衛物語

ABOUTこの記事をかいた人

明石たうんず編集部

明石育ち。しばらく明石を離れて久しぶりに帰ってきたら明石の町並みがすっかり変わっていてビックリ。明石駅近隣に住むスタッフ2名で、明石駅から徒歩圏内を中心にちょっとニッチなタウン情報をお届けしています。