明石天文科学館で3/1開催「夕焼けパンダ見てみ隊」春期隊員募集は2/15まで

夕焼けパンダ

天文科学館から「夕焼けパンダ」を見よう

明石天文科学館で、「夕焼けパンダ見てみ隊」春期隊員の募集が始まりました。

今回の春の「夕焼けパンダ見てみ隊」の開催日は2020年3月1日(日)16:30から。
募集人数は20人で応募者多数の場合は抽選となります。

「夕焼けパンダ」は、明石天文科学館の長尾高明前館長が瀬戸内海に沈む夕日を撮影中に偶然発見されました。明石天文科学館から見る夕日が、NTTのアンテナ塔と重なり、ちょうどタイミングが合うとパンダのような構図に見えることから名づけられました。

応募は、往復はがきで天文科学館まで。締切は2020年2月15日(土)必着。

太陽と塔の位置から「夕焼けパンダ」が観測できるのは3月1日と10月12日の年2回だけです。

また天候にも左右され、雲が出てしまえば観察できない場合もあります。

前回の10月も台風19号接近のため中止となってしまいました。

毎回かなりの数の応募がある人気の企画ですが、今回はちょうど日曜日に重なっていることから、いつも以上の激戦が予想されます。

広報あかしの2月1日号にも募集のお知らせが掲載されています。
夕焼けパンダ見てみ隊 春期隊員募集

ホームページ 広報あかし 2020年(令和2年)2月1日

応募方法

往復はがきの往信面に以下記載のうえ、返信面に返信先を記入し、「夕焼けパンダ係」へ。

  1. 代表者氏名
  2. 参加人数(5人まで)
  3. 郵便番号・住所
  4. 電話番号
  5. 駐車場の利用有無

展望室は360度のパノラマ

明石天文科学館の搭は高さが47.5mあり、展望室からは360度の大パノラマが広がります。

目の前には明石海峡を臨み、明石海峡大橋や淡路島も見ることができます。

西側の景色

西側には明石公園や明石城の櫓も見えます。

写真の左端に写っている塔が「夕焼けパンダ」が出現するNTTのアンテナ塔です。
当日は望遠レンズ必須ですね。

明石天文科学館の展望室からの眺望

360度のパノラマ!明石天文科学館に行ったら素晴らしい眺望を楽しもう!

2019年4月25日

夕焼けパンダ見てみ隊の日程・会場・料金

明石天文科学館

【開催日】2020年3月1日(日)
【時間】16:30~18:00
【料金】観覧料のみ必要(大人700円、高校生以下無料)
【会場】明石天文科学館 14階展望室
【所在地】兵庫県明石市人丸町2-6
【アクセス】JR明石駅から東へ徒歩約15分、山陽電車人丸前駅から北へ徒歩約3分

ホームページ 明石市立天文科学館

明石天文科学館

明石天文科学館でブラックホールを見てきました&プラネタリウムとパネルで解説あり

2019年4月16日
夕焼けパンダ