ペットボトルで顕微鏡をつくって生き物や隕石を観察しよう!8/3 明石天文科学館

ペットボトル顕微鏡

明石天文科学館のコラボイベント

夏休み期間中の特別イベントとして、どうぶつ科学コミュニケーター・大渕希郷(おおぶちまさと)さんとコラボしたイベントが、2019年8月3日(土)、明石市立天文科学館で開催されます。

イベントでは、透明ペットボトルで顕微鏡を工作して、生き物や隕石を観察します。

参加対象は小学生以下。参加には事前申込が必要です。

夏休みの自由研究にもぴったりのイベントです。

申込方法

電話または天文科学館ホームページの申込フォームから申し込みます。
※各回12名、先着順、対象小学6年生まで、保護者同伴

電話:078-919-5000
ホームページ:明石市立天文科学館

大渕希郷さんとは?

1982年、神戸生まれ。
京都大学大学院博士課程 動物学専攻 単位取得退学
その後、上野動物園・両生爬虫類館の飼育展示員、
日本科学未来館・科学コミュニケーター、
京都大学 野生動物研究センター特定助教と
日本モンキーセンター キュレーター兼任を経て、
現在、世界初の“どうぶつ科学コミュニケーター”としてフリーランスで活動中。

夢は、今までにない科学的な動物園をつくること。
特技はトカゲ釣り。
出典:大渕希郷のHP

「どうぶつ科学コミュニケーター」とは聞きなれない言葉ですが、動物を通じたサイエンスコミュニケーションを実践する人という意味のようです。
動物科学の研究内容を一般の人に解説するだけでなく、一般の人の疑問や期待を研究者に伝えるなど、研究者と一般の人をつなぎ合わせる役割をしています。

イベントの日程・費用・会場

明石天文科学館

【開催日】2019年8月3日(土)
【時間】①13:00~14:00 ②14:30~15:30
【対象】小学6年生まで※保護者同伴
【定員】各回12名(保護者含まず)
【参加費】観覧料(高校生以下は無料)+500円
【会場】明石市立天文科学館 2F 天文ホール
【所在地】兵庫県明石市人丸町2-6
【アクセス】JR明石駅から東へ徒歩約15分、山陽電車人丸前駅から北へ徒歩約3分

ホームページ 明石市立天文科学館

夏休みイベント特集

明石市の小学生向け!夏休みの自由研究にオススメのイベント2019年版

2019年7月3日
ペットボトル顕微鏡