【明石市】住民税非課税世帯に対する1世帯10万円の臨時特別給付金の対応

【明石市】住民税非課税世帯に対する1世帯10万円の臨時特別給付金の対応

明石市での住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金の対応

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、生活困難に直面している方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、令和3年度の住民税が非課税の世帯等に、1世帯当たり10万円の臨時特別給付金が支給されことになりました。

対象世帯

支給の対象となるのは、「A:住民税非課税世帯」と「B:家計急変世帯」。
A、Bどちらか一方の区分での給付となり、現金の給付を受けた場合、再度給付を受けることはできません。

A:住民税非課税世帯
基準日(令和3年12月10日)において世帯全員の令和3年度住民税均等割が非課税である世帯。
※住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯を除く。

B:家計急変世帯
令和3年1月以降の収入が新型コロナウイルス感染症の影響を受けて減少し、世帯の全員が住民税非課税相当※となった世帯。
※住民税非課税相当とは、世帯員全員のそれぞれの年収見込額(令和3年1月以降の任意の1か月収入×12)が市町村民税均等割非課税水準以下であることを指します。

明石市での対応

明石市では1月末頃から「A:住民税非課税世帯」区分の対象と考えられる世帯に順次、確認書が発送されます。

また、「B:家計急変世帯」区分での受給の場合には申請が必要となります。2月1日(火)以降、コールセンターに家計急変世帯ダイヤルが開設される予定です。申請にあたっては、まずはコールセンターへお問い合わせください。

詳しくは明石市のホームページをご確認ください。

ホームページ 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

こちらもよく見られています


【明石市】住民税非課税世帯に対する1世帯10万円の臨時特別給付金の対応
情報は掲載当時のものです。内容が変わっている場合もありますので、情報をご利用される際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。