明石市も新型コロナウイルス対策「まん延防止措置」の対象エリアに追加されました

明石市も新型コロナウイルス対策「まん延防止措置」の対象エリアに追加されたようです

明石市も「まん延防止措置」の対象エリアに追加

(2021/4/15 21:00追記)

兵庫県のホームページに「まん延防止等重点措置実施区域」の拡充等について更新されました。

4月22日から伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町及び明石市を重点措置区域に追加します。(令和4月15日決定)

直近1週間(4/8~4/14)で見れば、10万人あたり陽性者数は明石市が神戸市を抜いて最も多く、感染が拡大していることがわかります。

ホームページ 「まん延防止等重点措置実施区域」の拡充等(pdf)

(2021/4/15 18:00)

兵庫県のホームページにはまだ発表されていませんが、夕方のニュースによると、本日開催されていた兵庫県の対策本部会議で、「まん延防止措置」の対象エリアに明石市が追加されることが決まったようです。

追加されたのは、明石市のほか、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、猪名川町。

現在、飲食店等への時短要請は午後9時までですが、「まん延防止措置」の対象エリアになることで、午後8時までに短縮要請されることになります。

アルコール類の提供も、11時~19時の間に短縮が要請されます。

期間は、期間は4月22日(木)~5月5日(水)の予定。

ホームページ 兵庫県ホームページ

明石市も新型コロナウイルス対策「まん延防止措置」の対象エリアに追加されたようです