明石城の「御城印」が8/16から販売開始されます(明石公園で限定発売)

明石城の「御城印」が8/16から販売開始

明石城の「御城印」が販売開始

明石城の「御城印」

2020年8月16日(日)から、明石城の「御城印(ごじょういん)」の販売が開始されます。

販売場所は、明石公園サービスセンター受付窓口です。

入場記念証のため販売は明石公園限定!郵送やネットでは入手できません。

「御城印」とは、登城を証明する記念品です。お城名と家紋がデザインされたものが多く、いわば御朱印(ごしゅいん)のお城版のようなもの。ここ数年で「御城印」を発行するお城も増えてきており、コレクターやお城好きの間で人気が高まっています。

販売される明石城の「御城印」には、明石城の城主であった小笠原家と越前松平家の家紋に、初代城主の小笠原忠政直筆文字がデザインされています。

また、御城印封装袋には、明石市出身の作家・ちんげんさいこと川東丈純さんのデザインしたキャラクターが書かれています。

販売は1枚300円。1人5枚まで。

明石城のある明石公園の指定管理者、(公財)兵庫県園芸・公園協会では、明石城の一層の魅力づくりのため、次のとおり御城印を制作・販売しますので、よろしくお願い申し上げます。

人気の高い御城印を販売することにより、明石城の魅力を高め、さらに多くの方々が明石城へ足を運んでいただくことを期待しています。

販売開始日  令和2年8月16日(日)

販売日時  年末年始(12/29~1/3)を除く、8:45~17:00まで

販売場所  明石公園サービスセンター受付窓口
(入城記念証のため、郵送やネット販売では取扱いません。)

販売価格  300円(税込)

販売制限  1人につき5枚まで

制作協力  人麿山月照寺、(一社)明石観光協会、明石市立文化博物館

デザイン 
○文字について…初代城主の小笠原忠政直筆の寄進状中の「明石城」の文字を転載したものとなっています。

○家紋について…明石城の城主であった小笠原家と越前松平家の家紋を配置しています。

○御城印封装袋について…令和元年9月28日に、ちんげんさいこと川東丈純氏より寄贈のあったキャラクターを袋の裏面に使用しています。

サイズ A6サイズ(縦148㎜×横105㎜)

明石城の御城印を買ってきました

明石公園サービスセンター

明石公園サービスセンター

【住所】兵庫県明石市明石公園1-27

ホームページ 明石城【御城印】

明石城の「城カード」が8/16から販売開始

明石城の「城カード」が8/16から販売開始されます(明石公園限定販売)

2020年8月13日
明石城の「御城印」が8/16から販売開始