明石公園お堀にいた最後の白鳥(コブハクチョウ)が亡くなってしまったようです

明石公園のお堀にいたハクチョウが亡くなってしまった

明石公園のコブハクチョウが天国に

明石公園のお堀を優雅に泳いでいた人気者の白鳥(コブハクチョウ)が12日に亡くなったと神戸新聞に掲載されていました。

亡くなった白鳥は2004年に羽化した2羽のうちの1羽で、推定15~16歳とのこと。

多いときには10羽まで増えたときがあったようですが、最後の1羽になっていました。

また新しい白鳥が飼育されるとうれしいのですが、新たな白鳥の飼育のためには、飛んでいかないように羽を切る必要があり、動物愛護の観点からも実現は難しいようです。

これから明石公園に行くときに、白鳥の姿が見えないと思うと寂しいですね。

神戸新聞の記事

2020年6月13日 神戸新聞

明石公園のお堀にいたハクチョウが亡くなってしまった