【延期】大蔵海岸公園に自然観察ゾーン&自然観察センターが設置されるようです

大蔵海岸公園に自然観察ゾーン&自然観察センターが設置されるようです

大蔵海岸に自然観察ゾーン&自然観察センター

2021年7月22日(木祝)オープンしました!初日の様子を見てきました。

大蔵海岸公園に自然観察センター&自然観察ゾーン(タイドプール)がオープンしました

大蔵海岸公園に自然観察センター&自然観察ゾーン(タイドプール)がオープンしました

2021年7月22日

4/29スタートの予定でしたが、緊急事態宣言発令に伴い延期となっています。開始時期は現時点で未定です。(大蔵海岸公園管理事務所より)

大蔵海岸に「自然観察ゾーン」「自然観察センター」が設置されるようです。

運用開始は、ゴールデンウィーク初日となる2021年4月29日(木祝)から。延期

運営日は「土日祝日」を基本とし、春休み・夏休み期間中は運営日が増やされる予定とのこと。

自然観察ゾーン

自然観察ゾーン

「自然観察ゾーン」が設置されるのは、磯浜の中央付近、中央休憩所の前あたりです。

箱型のタイドプール(潮の干満を利用した人工の潮だまり)を設置し、その中に砂や石を配置することで、水生生物や海浜植物など、季節によってさまざまな生き物を観察することができます。

タイドプール設置予定場所

工事中のロープに囲まれたこの部分にタイドプールが設置されるようです。

自然観察センター

自然観察センター

中央休憩所を活用して「自然観察センター」も作られる予定です。

自然観察センターでは、バケツ、網、箱メガネ、ライフジャケットなど観察資材を無料で借りることができ、図鑑や机等も置かれる予定です。

子供たちが自然観察ゾーンで見たり捕まえたりした生き物をその場で調べることができます。

また、ガイドさんも置かれ、安全な観察方法や資材の使い方をアドバイスしたり、調べもののお手伝いをしてくれます。水族館等との連携も予定されているようです。

シャワーも設置されています

中央休憩所の横にはシャワー設置の工事も進んでいました。

大蔵海岸公園

【住所】兵庫県明石市大蔵海岸通2丁目

ホームページ 大蔵海岸西地区自然観察ゾーン及び(仮称)自然観察センターの設置について(pdf)

こちらもよく見られています


大蔵海岸公園に自然観察ゾーン&自然観察センターが設置されるようです