(明石グルメ)明石市大蔵谷奥にオープンしたタイのおうちごはん「aroina(アロイナ)」に行ってきた!けど…

明石市大蔵谷奥にオープンしたタイのおうちごはん「aroina(アロイナ)」に行ってきた!けど・・・

タイのおうちごはん「aroina(アロイナ)」に行ってきた

昨年12月に明石市大蔵谷奥にオープンしたタイ料理の「aroina(アロイナ)」。

ずっと行きたいと思いつつも、なかなか行く機会がなかったのですが、取材をかねてランチに行ってきました。

お店の場所は、JR明石駅から神姫バス(80系統:明舞循環)にのって10分ほど。バス停「朝霧小学校前」を降りてすぐの場所にあります。

明舞マンションの1階にお店があります

こちら、明舞マンションの1階にお店があります。

最近タイから届いたというタイの国旗が目印です。

aroinaの入り口

休みを調べずに行ったので、開いていてよかったと思ったら、

「がーん!」

残念なことに、今の時期は店内での飲食はされておらず、お弁当と宅配だけの営業とのこと。

すでに「気分はタイ料理!」だったので、お弁当を買ってかえることに。

aroinaのメニュー

aroinaのお弁当メニュー

タイごはん弁当は、メイン1品に小皿2品が選べる定食弁当(850円)。小皿なしのメインのみ(650円)もあります。

メインは、以下の6種類のほか週がわりメニューがあります。

  • ガパオラートカオ(バジル炒めごはん目玉焼きのせ)
  • カオパ(タイ焼きめし)
  • ゲンキヨワーン(グリーンカレー)
  • ガイパッポンカリー(鶏と野菜のたまごカレー炒めのせご飯)
  • カオマンガイ(蒸し鶏ごはん)
  • パッタイ(お米麺の焼きそば)

ちなみに今週の週がわりメニューは「佐賀牛のガパオ炒めのせごはん(+150円)」でした。

aroinaの単品メニュー

単品メニューも、炒めもの・揚げもの・焼きもの、サラダ、スープなど、本格的なタイ料理が並びます。麺やご飯もの、カレーなど食事系メニューも充実していますね。

お弁当を買ってきました

お弁当を買ってきました

今回選んだお弁当は、「カオマンガイ」と「パッタイ」。

「カオマンガイ」と「パッタイ」

箱を開けるとこんな感じです。美味しそうじゃないですか?

紙箱に入っているので、そのまま電子レンジで温めることができます。
※汁物の小袋やチリソースは電子レンジにかける前に取り出します

カオマンガイ

カオマンガイ

こちらは「カオマンガイ」。

サイドメニューに選んだポーピヤトー(シイタケと筍とはるさめの揚げはるまき)とポーピヤクン(えびの包み揚げ)が付いています。

ジャスミンライスの上に蒸し鶏がたっぷり!甘辛ソースをつけていただきます。

鶏の出汁の効いたライスとジューシーな鶏がよく合い、味は本格的。かなり好みの味付けです。

成城石井やカルディで売っているレトルトソースでカオマンガイをよく作りますが、それも美味しいのですが、本物はやっぱり一味も二味も違います。当たり前ですね。

揚げはるまきも美味しかったですよ。

パッタイ

パッタイ

こちらは「パッタイ」

サイドメニューには、ヤムウンセン(海鮮と春雨のサラダ)とピッガイトー(鶏の手羽先揚げ)を選びました。

パッタイにはエビもたっぷり。ナッツの風味も効いてこちらもいけます。

コックさんがタイの人らしく、味付けは本当に本格的です。

お弁当も美味しかったですが、お店で食べれるようになったら、是非夜にも行ってみたいです。
単品メニューも豊富で食べてみたい料理がいっぱいありました。

ちょっと明石駅からは離れますが本場のタイ料理が味わえる、お気に入りのお店がまたひとつ増えました。

笑顔がとっても素敵な店員さんにも会いに行ってみてくださいね。

タイ料理を食べながらタイビール!最高です。

タイのおうちごはん aroina(アロイナ)

タイのおうちごはん aroina

【住所】兵庫県明石市大蔵谷奥16-5 マンション明舞明舞バザール1階 145号

※掲載情報は取材当時のものです。現在は情報が変わっている場合があります。

こちらもよく見られています


明石市大蔵谷奥にオープンしたタイのおうちごはん「aroina(アロイナ)」に行ってきた!けど・・・

ABOUTこの記事をかいた人

明石育ち。しばらく明石を離れて久しぶりに帰ってきたら明石の町並みがすっかり変わっていてビックリ。明石駅近隣に住むスタッフ2名で、明石駅から徒歩圏内を中心にちょっとニッチなタウン情報をお届けしています。