明石市立文化博物館で企画展「明石藩の世界Ⅷー米と酒づくりー」が9/12から開催

明石藩の世界Ⅷー米と酒づくりー

明石市立文化博物館で明石藩の米と酒をめぐる企画展

明石市立文化博物館にて、2020年9月12日(土)~10月18日(日)の期間で、企画展「明石藩の世界Ⅷー米と酒づくりー」が開催されます。

明石の中部・西部には、いなみの台地と呼ばれる小高い平坦な地形が広がります。江戸時代になり開発がすすみ、農業用のため池や水路など、米作りに適した環境が整えられていきました。

企画展では、明石藩領および周辺の主な農産物であった米、米作りと自然環境とのかかわり、米を加工して造られる酒に焦点を当てて、江戸時代から明治時代の古文書や歴史資料を紐ときます。

観覧料は、大人200円、大高生150円、中学生以下は無料。

期間中は、展示解説や講演会、はじめての古文書講座など、関連イベントも開催されます。(イベント参加には事前申込が必要)詳しくは明石市立文化博物館のホームページをご確認ください。

①展示解説 ※要申込み
展示資料についてスライドを使いながらお話しします。
日 時:(A)9月20日(日) 11:00~、(B)9月20日(日)  14:00~
     (C)10月4日(日) 11:00~、 (D)10月4日(日)  14:00~
    (各回50~60分程度)
講 師:加藤 明恵氏(神戸大学大学院人文学研究科特命助教)
    加納 亜由子(明石市文化振興課)
場 所:当館2階大会議室
定 員:各回40名
締 切:(A)(B)は9月10日(木)、(C)(D)は9月23日(水)必着
    応募時に参加希望日時((A)~(D)のいずれか)を明記

②はじめての古文書講座 ※要申込み
日 時:9月27日(日)  10:30~12:00
講 師:加納 亜由子(明石市文化振興課)
場 所:当館2階大会議室
定 員:40名
締 切:9月16日(水)必着

③講演会 ※要申込み
日 時:10月3日(土)   13:30~15:30
講 師:加藤 明恵氏 (神戸大学大学院人文学研究科特命助教)
    「江戸時代における明石の酒造業と経営」
    加納 亜由子(明石市文化振興課)
    「明石藩士がみた藩領の村々と米・年貢」
場 所:当館2階大会議室
定 員:40名
締 切:9月23日(水)必着

【連携事業】シンポジウム 「明石城を探る」 ※要申込み
主 催:明石葵会
日 時:9月22日(火・祝) 13:30~16:30
講 師:藤田 裕嗣氏(神戸大学大学院人文学研究科教授)「歴史地理学の観点から見た播磨・明石城下町の特徴」
    大国 正美氏(神戸深江生活文化史料館館長)「絵図でよみがえる城と城下町」
コーディネーター:宮本 博氏(神戸史学会)
場 所:当館2階大会議室
定 員:35名
締 切:9月10日(木)必着

明石藩の世界Ⅷー米と酒づくりー

明石藩の世界Ⅷー米と酒づくりー

明石市立文化博物館

【開催日】2020年9月12日(土)~10月18日(日)
【時間】9:30~18:30(入館は18:00まで)
【休館日】月曜日(ただし、9月21日は開館)
【料金】大人200円、大高生150円、中学生以下無料
【会場】明石市立文化博物館
【住所】兵庫県明石市上ノ丸2-13-1
【アクセス】JR・山陽明石駅より北へ徒歩5分

ホームページ 明石市立文化博物館

明石藩の世界Ⅷー米と酒づくりー