【中止】2020年の「魚の棚 半夏生七夕夜市」は残念ながら開催中止となりました

2020年は残念ながら「魚の棚 半夏生七夕夜市」は中止

今年は「魚の棚 半夏生七夕夜市」中止

この時期の明石と言えば「半夏生(はんげしょう)」。

半夏生とは、季節の節目の一つ。夏至から11日目である7月2日頃から七夕(7月7日)頃までの5日間をそう呼びます。ちょうどこの頃に梅雨が明け、田んぼに半夏(カラスビシャク)が生える頃までに田植えを終える目安になっていました。

今年はうるう年だったことから、半夏生の期間は7月1日から5日まで。

例年、この時期、魚の棚商店街では七夕飾りが行われ、期間中に「魚の棚 半夏生七夕夜市」が開催されますが、残念ながら今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、夜市は中止となっています。

魚の棚商店街の七夕飾り

魚の棚商店街の七夕飾り

夜市は中止ですが、七夕は例年通り飾られています。

願い事を書いて飾れます

「魚の駅」には短冊が置かれ、願い事を書いて飾ることができます。

奥をよく見ると、昨年末にデビューした魚の棚商店街マスコット「タイちぃとタコちぃ」と「タコ8」が並んでいますね。

魚の棚商店街マスコットがデビュー

魚の棚商店街マスコット「タイちぃとタコちぃ」&「タコ8」が12/1デビューします!

2019年11月26日

半夏生にはタコを食べて夏バテ予防

明石タコ

この時期はタコが美味しくなる時期とも重なり、関西ではタコを食べる習慣があります。

タコは、タウリンやナイアシン、ビタミンEなど栄養が豊富に含まれる、意外と知られていない健康食品。疲労回復や夏バテ予防にもぴったりですよ。

魚の棚商店街

ホームページ 魚の棚商店街

2020年は残念ながら「魚の棚 半夏生七夕夜市」は中止