明石天文科学館で「部分日食 観望会」が開催されます 12/26 参加無料

部分日食 観望会

明石天文科学館で部分日食観望会

明石天文科学館の玄関前で、2019年12月26日(木)、「部分日食 観望会」が開催されます。

日食は太陽が月によって隠される現象で、日食のうち太陽が月に完全に隠れる「皆既日食」、太陽がリング状に欠ける「金環日食」、太陽の一部が月に隠れる「部分日食」の3種類があります。

今回は「部分日食」で、午後2時過ぎから16時半にかけて、日本全国で日食を観測できます。

今年は1月の部分日食に続き2回目。一年に2回の日食が見られるのは非常に珍しく、離島を除く日本本土では1992年以来、27年ぶりとのこと。

明石での日食の見え方

明石での日食の見え方(明石市立天文科学館

明石市では、14:21頃に日食が始まり、16:32頃に終わる予定です。(15:31頃に最大食)

観望会では、太陽投影板や日食グラス(日食メガネ)等を使って観察します。

参加無料(玄関前で開催)。天文科学館に入館する場合には入館料が必要です。

部分日食 観望会

明石天文科学館

【開催日】2019年12月26日(木)
【時間】日食のはじまり 14:21、食の最大 15:31、日食おわり 16:32
【料金】参加無料(駐車料金は別途必要、入館の場合は観覧料が必要)
【参加方法】当日受付
【会場】明石天文科学館 玄関前
【所在地】兵庫県明石市人丸町2-6
【アクセス】JR明石駅から東へ徒歩約15分、山陽電車人丸前駅から北へ徒歩約3分

ホームページ 明石市立天文科学館

部分日食 観望会

ABOUTこの記事をかいた人

明石たうんず編集部

明石育ち。しばらく明石を離れて久しぶりに帰ってきたら明石の町並みがすっかり変わっていてビックリ。明石駅近隣に住むスタッフ2名で、明石駅から徒歩圏内を中心にちょっとニッチなタウン情報をお届けしています。