東京パラリンピックまで1年!障害のある人もない人も楽しめる「あかしユニバーサル交流会」開催

車椅子マーク

障害のある人もない人も楽しめる交流イベント

あかしユニバーサル交流会

2020年の東京パラリンピックの開会式のちょうど1年前となる2019年8月25日(日)、パラスポーツや車いす周遊などの体験ができる交流イベト「あかしユニバーサル交流会」が、アスピア明石で開催されます。

キーワードは「インクルーシブ(みんないっしょに)」

耳の聞こえないピエロと一緒にパントマイムをしたり、車いすに実際に乗ってみたり、目隠しをしてパラスポーツ「ゴールボール」を体験してみたり、障害のある人もない人も、みんな一緒に楽しめるイベントがいっぱい企画されています。

障害を持っていない人にとって、目隠しでパラスポーツを体験してみたり、車いすに乗る体験は普段なかなかできません。実際に体験してみることで、障害を持っている人の不便さや大変さも少しでも知ることができるかもしれません。

障害のある人とない人がイベントを楽しみながら、互いに理解しあえる機会にもなります。

当日は、スタンプラリーやジュース・かき氷なども予定されています。

昨年はパピオスあかしで開催されましたが、今年はアスピア明石に会場が変わっています。場所は1階のアトリウムコートにて。入場無料。

交流会の各ブース

  • 耳の聞こえないピエロと一緒にパントマイムをやってみよう!
  • 車いす卓球選手別所さんと車いすに乗って街に出てみよう!
  • みんなで作った魚たちを貼り付けて、アスピアににぎやかな海を作っちゃおう!
  • パラスポーツ「ゴールボール」をアイマスクをして体験しよう!
  • やさしいまち明石を目指して1万人メッセージに参加しよう!

あかしユニバーサル交流会の日程・会場

【開催日】2019年8月25日(日)
【時間】11:00~16:00
【会場】アスピア明石1階アトリウムコート
【料金】無料

同時開催で「市民フォーラム」「体験交流ブース」

アトリウムコートでの「あかしユニバーサル交流会」だけでなく、同じくアスピア明石の北館で「市民フォーラム」や「体験交流ブース」も同時開催されています。

市民フォーラム

日本障害者協議会代表・きょうされん専務理事の藤井克徳さんによる基調講演が行われます。
誰一人取り残すことのないインクルーシブな社会を目指して、「あかしインクルーシブ条例(仮称)」の紹介。またパネルディスカッションで検討会委員の皆さんとこれからの明石市について語り合います。
※参加には事前申込が必要です。

【時間】13:30~16:00
【会場】アスピア明石北館9階 子午線ホール

体験交流ブース

親子で楽しめるユニバーサルな体験ブースが用意されます。カフェコーナーもあります。

  • 手話がたり~絵本のお話し会~
  • 筆談体験 / 口話リレー体験 / みんなで手話歌
  • ブラインドミニ運動会 / ブラインドお絵描き
  • 点字ブロック体験

【時間】11:00~16:00
【会場】アスピア明石北館8階 ウィズあかし

アスピア明石

アスピア明石

【所在地】兵庫県明石市東仲ノ町6-1
【アクセス】明石駅から東へ徒歩3分

ホームページ あかしユニバーサル交流会を開催します(明石市)

車椅子マーク