【明石市】市役所への提出書類の性別欄を原則廃止していく方針のようです

【明石市】市役所への提出書類の性別欄を原則廃止していく方針のようです

明石市役所提出書類の性別欄廃止へ

明石市で、市役所に提出する書類について、男女どちらかに丸を付ける性別の記入欄を原則廃止とすることが決まったと、NHKが報道しています。

兵庫県明石市は、性的マイノリティーの人たちに配慮するため、原則、市役所に提出する申請や届け出の書類およそ230種類について、性別を記入する欄を廃止することを決めました。

明石市 書類の性別欄廃止へ

廃止対象は、市民税に関する書類や採用試験の申し込み用紙など、およそ230種類で、来年度にかけて順次性別欄を削除していくようです。

今年1月に、全国に先駆けて「明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度」を導入、また「LGBTQ+フレンドリープロジェクト」を推進するなど、「ありのままがあたりまえのまち」を目指す明石市らしい決定ですね。

明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度がスタート!キックオフイベントも開催

明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度がスタート!キックオフイベントも開催

2020年12月30日
【明石市】市役所への提出書類の性別欄を原則廃止していく方針のようです