明石ほんまち三白館 2019年4月・5月の公演内容

明石ほんまち三白館 4月・5月の公演内容

大衆演劇場「ほんまち三白館」の2019年4月と5月の公演内容です。

4月公演:本家真芸座

昭和48年創設者、片岡沢次郎によって「真芸座」として旗揚げ
その後 「本家真芸座」とあらため、平成13年、片岡梅之助が座長を襲名
平成26年10月、息子である片岡大五郎が18歳で 二代目座長を襲名
総座長となった片岡梅之助と共に二枚看板となり、 新たな本家真芸座として始動した
片岡梅之助は昨年、芸道40周年を迎えた

公演予定
3月31日 顔見世特別興行
11日 ロング公演
12日 休館日
22日 ロング公演
   澤村慎太郎劇団との合同公演
23日 片岡大五郎 座長5周年記念大会
    前売り6000円
    当 日7000円
28日 総座長 片岡梅之助 誕生日公演

総座長:片岡梅之助
座長:片岡大五郎

ほんまち三白館

5月公演:スーパー兄弟

初代・南條隆が、昭和10年に熊本、二本木劇場で
「南條隆劇団」を旗揚げ
宙づりなどのオリジナル芝居で大人気となる

昭和39年、二代目・南條隆が座長襲名
平成19年5月、息子の龍美麗、南條影虎が共に座長襲名
「舞台では美しい夢を見せる」という初代からの伝統を守り
宝塚のような美しく華麗なショーは、多くのファンを魅了している
平成27年影虎が三代目南條隆を襲名

1年振りの三白館公演!
再びスーパー兄弟ワールドが大輪の花ように開く!

総座長:龍 美麗
座長:三代目 南條 隆
副座長:南條 勇希
花形:龍 魔裟斗
花形:一城 風馬
太夫元:二代目・南條 隆

ほんまち三白館

大衆演劇場「ほんまち三白館」について

三白館

大正時代に賑わった演芸場「三白亭」が、映画館「本町日活」を経て、2015年に大衆演劇場「ほんまち三白館」としてリニューアルオープンしました。

劇団は月替わり、舞台は日替わりで上演。初めてでも気軽に入れるアットホームな劇場です。

【所在地】兵庫県明石市本町1-14-18
【明石駅から】明石駅から南に徒歩5分
【料金】大人(中学生以上):1,800円、小学生:900円、幼児:無料
 ※特別公演の場合、追加料金が発生
【予約】劇場窓口にて予約可。座席予約料:300円(貸し座布団付き)

ホームページ ほんまち三白館