【再開】明石ほんまち三白館で新型コロナ陽性者判明、館内消毒のため一時休館

明石ほんまち三白館で新型コロナ陽性者判明、館内消毒のため一時休館

明石ほんまち三白館が館内消毒が完了し再開

(2020/10/5追記)
劇団員の方に新型コロナウイルスのPCR検査陽性が判明し休館中となっていました「明石ほんまち三白館」ですが、9月29日(火)に専門業者による全館消毒作業が完了し、10月5日(月)から通常営業が開始されています。

三白館のホームページには、消毒作業の詳しい様子も掲載されています。

明石ほんまち三白館が館内消毒のため一時休館

休館のお知らせ

明石市本町にある大衆演劇場「明石ほんまち三白館」で、劇団員の方に新型コロナウイルスのPCR検査陽性が判明し、全館殺菌消毒のため休館となっています。

前売券、座席予約料については後日返金されるため、チケット・予約控えはなくさなず保管しておくよう注意喚起されています。

また9月18日~24日の7日間に観劇をされた方で、発熱など体調の変化があれば明石保健所「感染したかもダイヤル」へ相談するよう呼びかけています。

現時点で、再開日は未定です。

(2020/9/28追記)
明石市から以下のとおり発表がありました。

明石ほんまち三白館における新型コロナウイルス感染症の発生について

当該演劇場において、新型コロナウイルスに関連した感染症の症例が確認された件で、保健所において積極的疫学調査を実施した結果、現在までに判明した結果を、以下のとおりお知らせします。

1事例の概要

(9月25日)
〇東京都中央区保健所からあかし保健所に「新型コロナウイルス感染症発生届」の送付があり、あかし保健所が調査をした結果、陽性患者A(30歳代男性)及び陽性患者B(10歳代男性)は演劇場において、9月1日から9月25日まで実施の公演に出演していることが判明。
〇当該施設の環境を調査するとともに、劇団員及び施設関係者からヒアリングをした結果、劇団員30名全員について濃厚接触者と特定するとともに、施設関係者9名を合わせた39名について、PCR検査を実施した。
〇陽性患者A、Bの2名については、市内の医療機関に入院。

(9月26日)
〇PCR検査の結果、劇団員6名の陽性が判明。市内の医療機関に入院。

2イベントについて

〇舞台名「スーパー兄弟!残暑を吹き飛ばす舞台を!」
〇実施場所明石ほんまち三白館(みはくかん)明石市本町1丁目14-18
〇開催期間令和2年9月1日から9月28日(1日2公演12時開演17時半開演)※9月26日から28日の公演は中止

3観客への対応

〇観客は、劇場の感染防止対策や観客との交流イベントの自粛などから、濃厚接触者にあたりません。ただし、9月18日から9月25日の間の座席の2列目までの観客については、念のためPCR検査を実施することとし、劇場から直接ご本人に連絡しています。3列目以降の観客については、症状があるなど不安な点があれば、最寄りの保健所や帰国者・接触者相談センターに相談してもらうように劇場のホームページやSNSなどで呼びかけています。

明石ほんまち三白館における新型コロナウイルス感染症の発生について(PDF)

大衆演劇場「明石ほんまち三白館」

三白館

【住所】兵庫県明石市本町1-14-18
【明石駅から】明石駅から南に徒歩5分

ホームページ 明石ほんまち三白館

【新型コロナウイルス】明石市内の感染状況

【更新停止】明石市内の新型コロナ感染状況(検査数・陽性数・感染確認概要)

2020年4月12日
明石ほんまち三白館で新型コロナ陽性者判明、館内消毒のため一時休館