「中國菜おおつか」という中華のお店が魚の棚商店街にオープン(マフィン専門店No123の横)

中華料理店「中國菜おおつか」魚の棚商店街にオープン

魚の棚商店街に中華店「中國菜おおつか」オープン

魚の棚商店街に「中國菜おおつか」という中華料理店が本日3月16日(月)オープンしました。

地元農家で育てた新鮮野菜を使った自家製中華のお店のようです。

日替わりランチやランチセット、汁そば炒飯セットなど、ランチ営業も行われるとのこと。

明石駅や魚の棚商店街周辺では中華のお店は多くなかったので、有難い存在になりますね。

中國菜おおつかのランチ看板

中國菜おおつかの場所

場所は、商店街の西入口から入った最初の角を南に曲がったところ。
以前は「喫茶カフェドパパ」という喫茶店があった場所です。

住所:兵庫県明石市本町1-4-16
↓地図ではココです。

こちらは南側。すぐお隣はマフィン専門店の「No123」があります。
ちょっと先には人気の明石焼専門店「今中」もあります。
まっすぐ行くと旧浜国道方面。

お店の南側にはマフィン専門店「No123」

北側はすぐ魚の棚商店街の入り口があります。

お店の北側にはすぐ魚の棚商店街の入り口

中國菜おおつか

【オープン日】2020年3月16日(月)
【営業時間】ランチ:10:00~14:00(LO)、ディナー:17:00~21:00(LO)
【定休日】木曜日
【住所】兵庫県明石市本町1-4-16

※掲載情報は取材当時のものです。現在は情報が変わっている場合があります。

中華料理店「中國菜おおつか」魚の棚商店街にオープン