明石市立文化博物館で企画展「発掘された明石の歴史展~明石の港津~」が10/31から

明石市立文化博物館で企画展「発掘された明石の歴史展~明石の港津~」が10/31から

港を中心に展開してきた明石の歴史を読み解く企画展

明石市立文化博物館にて、2020年10月31日(土)~12月6日(日)の期間で、企画展「発掘された明石の歴史展~明石の港津~」が開催されます。

港津(こうしん)とは、みなとや船着き場のこと。

古代から明石海峡は畿内と西国をくぎる境界とされ、明石港は物資の交易や潮流の速い海峡待ちの停泊、淡路への連絡港としてなど船運の重要な拠点でもありました。

企画展では、二見・魚住・林・明石・大蔵などの港や、その周辺の遺跡から出土した古代から近世の遺物を通して、港を中心に展開してきた明石の歴史を読み解きます。

観覧料は、大人200円、大高生150円、中学生以下は無料。

発掘された明石の歴史展~明石の港津~

関連イベントとして、11月7日(土)には、講演会とシンポジウムも開催されます。(参加には事前申込が必要)詳しくは明石市立文化博物館のホームページをご確認ください。

講演会とシンポジウム ※要申込み ※要観覧料

日時:11月7日(土) 13:00~16:30

場所:当館2階大会議室

第1部 春成 秀爾 氏(国立歴史民俗博物館名誉教授>
    「明石津の始まり」
第2部 高橋 明裕 氏(神戸大学非常勤講師
    「古代・中世の魚住泊」
第3部 シンポジウム
     パネラー:春成 秀爾 氏・高橋 明裕 氏
     コーディネーター:丸山 潔 氏(明石市史編さん委員)

定員:40名

参加費:無料(当日有効の観覧券が必要です)

申し込み方法:10月3日(土) 10:00~ 先着40名 電話受付

TEL 078-918-5629 明石市文化振興課文化財係

旧波門崎灯籠堂(明石港旧灯台)

旧波門崎灯籠堂(明石港旧灯台)

現存する「旧波門崎灯籠堂(明石港旧灯台)」も港の歴史を示すシンボルの一つです。

発掘された明石の歴史展~明石の港津~

明石市立文化博物館

【開催日】2020年10月31日(土)~12月6日(日)
【時間】9:30~18:30(入館は18:00まで)
【休館日】月曜日(ただし、11月23日は開館)
【料金】大人200円、大高生150円、中学生以下無料
【会場】明石市立文化博物館
【住所】兵庫県明石市上ノ丸2-13-1
【アクセス】JR・山陽明石駅より北へ徒歩5分

ホームページ 明石市立文化博物館

明石市立文化博物館で企画展「発掘された明石の歴史展~明石の港津~」が10/31から