オズのまほうつかい(劇団カッパ座)アワーズホールで公演 2/1

オズのまほうつかい(劇団カッパ座)

劇団カッパ座の人形劇「オズのまほうつかい」

劇団カッパ座の人形劇「オズのまほうつかい」が2020年2月1日(土)、明石市立市民会館(アワーズホール)で開催されます。

目と口が自由に動く、表情豊かな等身大のぬいぐるみ人形による楽しい人形劇です。

「物事を悲観的にならず、前向きにとらえること」をテーマに、主人公のドロシーが、オズの国を冒険する中で、物事をポジティブに考え、みんなの幸せを祈ることができる人に成長していく物語です。

「オズのまほうつかい」のあらすじ

アメリカ・カンザス州に暮らす少女ドロシーは竜巻に家ごと巻き込まれ、不思議な「オズの国」へと飛ばされてしまいます。
途中で知恵が欲しいカカシ・温かい心が欲しいブリキの木こり・勇気が欲しいライオンと出会い、それぞれの願いを叶えてもらうため「エメラルドの都」にいるという魔法使いの“オズ大王”に会いに行くことになりました。
それぞれの願いが叶いドロシーは、自分の家に帰ることができるのでしょうか?

ホームページ 劇団カッパ座

「オズのまほうつかい」の詳細

日程

【開催日】2020年2月1日(土)
【時間】開場:13:00 開演:13:30 終演:15:30頃

チケット・料金

【大人(中学生以上)】前売券:2,500円 当日券:3,100円
【子供(3歳~小学生)】前売券:1,500円 当日券:2,000円
※座席を使用しない3歳未満の幼児は無料

【チケット販売】アワーズホール、明石市立西部市民会館、セブンチケット、カッパ友の会会員からも購入可

会場・アクセス

明石市民会館(アワーズホール)

【会場】明石市民会館(アワーズホール)大ホール
【所在地】兵庫県明石市中崎1-3-1
【アクセス】明石駅から南東へ徒歩13分

ホームページ 明石市民会館

オズのまほうつかい(劇団カッパ座)

ABOUTこの記事をかいた人

明石たうんず編集部

明石育ち。しばらく明石を離れて久しぶりに帰ってきたら明石の町並みがすっかり変わっていてビックリ。明石駅近隣に住むスタッフ2名で、明石駅から徒歩圏内を中心にちょっとニッチなタウン情報をお届けしています。