【淡路島】希少な長期熟成古酒が体験できるイベントが青海波(古酒の舎)で2月土日開催

【淡路島】希少な長期熟成古酒が体験できるイベントが青海波(古酒の舎)で開催

希少な長期熟成古酒が体験できるイベント開催

淡路島でお酒好きには堪らない体験ができるイベントのご紹介をいただきました。

希少な長期熟成古酒が体験できるイベント『新しいお酒の世界 ~國酒の希少な長期熟成古酒の体験~』 が、2021年2月の毎週土日に開催されています。

イベントの内容

  • 専門スタッフからの古酒の歴史や熟成の仕組み、その希少性などの解説
  • 熟成古酒10種飲み比べ(日本酒5種、梅酒3種、焼酎2種)
  • ペアリング体験(おつまみ5種+デザート1種)

日本全国100蔵以上を巡り、厳選した熟成期間原則10年以上の濃厚な香りと深い味わいをもつ長期熟成ヴィンテージ酒「古昔の美酒(いにしえのびしゅ)」を55銘柄販売している「古酒の舎 -KOSYUNOYA-」。 今回は各回6名様限定イベントとして、香り高く爽やかな余韻が残る「2000朝日川(あさひかわ)」や口に入れた瞬間に爽やかに香る「2009幻の瀧(まぼろしのたき)」などの選りすぐり10銘柄の高級古酒(日本酒、梅酒、焼酎)と、チョコレートやドライフルーツ、バニラアイスなど、それぞれに合うペアリングを、専門スタッフの解説と共にお召し上がりいただけます。
異なる酒蔵、年度、酒類の高級古酒をワイングラスで飲み比べができる、ここでしかない体験をぜひお楽しみください!

参加費は1名 5,000円(税別)。各日3回開催で、各回先着6名まで。

事前予約制。予約はホームページから。

場所は、淡路島西側の新名所として2020年8月にオープンした『青海波 -SEIKAIHA-(せいかいは)』に併設されるバー「古酒の舎 -KOSYUNOYA-」です。

明石からは、ジェノバラインで岩屋港に渡り、無料のシャトルバスに乗って20分ほどですので、意外と身近。気軽に行けますよ。

お酒好きの方!新しいお酒の世界を体験してみませんか?

新しいお酒の世界 ~國酒の希少な長期熟成古酒の体験~

古酒の舎

【開催日】2021年2月毎週土日
【時間】12:25~/14:15~/16:15~ (各回約1時間)
【定員】各回6名(最少催行人数1名)
【参加費】5,000円(税別)
【場所】古酒の舎 -KOSYUNOYA- 2階バー ( 「青海波」内)
【住所】兵庫県淡路市野島大川70

ホームページ 新しいお酒の世界 ~國酒の希少な長期熟成古酒の体験~

イベントについては、開催内容や時間等が変更されている場合があります。
ご利用の際は事前に主催者のホームページをご確認ください。

【淡路島】希少な長期熟成古酒が体験できるイベントが青海波(古酒の舎)で開催