明石市ハザードマップが更新!地震・津波・台風・豪雨など災害時の対応を確認しておきましょう

明石市ハザードマップが改訂

被災時の避難場所や危険地域などが記載された「明石市ハザードマップ」が3年ぶりに更新されることになりました。

ハザードマップは、想定される地震による災害や、津波・豪雨・台風時の浸水についてのエリアごとの情報など、起こりうる災害を少しでも減らし、安全な避難に役立てられる減災地図です。

今回のハザードマップは、前回の改訂から3年が経過し、その間に新たな避難施設が指定されていることや、近年多発している自然災害なども踏まえ、最新情報に更新されています。

改訂に伴い、ページ数も増えて地域ごとによりわかりやすく、より見やすいものなっています。

風水害

内水氾濫浸水想定区域、洪水浸水想定区域、高潮浸水予測区域、土砂災害(特別)警戒区域が確認できます。

地震・津波

六甲・淡路島断層帯地震、南海トラフ巨大地震による影響エリアや、津波浸水想定区域・土砂災害警戒区域が確認できます。

ハザードマップの使い方

大雨や地震など、いざ災害が起こったときに、安全に身を守るためには、日頃から防災意識を持っておくことが重要です。

災害が起こったときに、落ち着いて行動ができるように、ハザードマップを使って家族みんなで防災を考えておきましょう。

  • 災害が起こったときに、どこに避難すればいいの?
  • 大雨が降ったとき浸水する地域はどこ?
  • もし津波が発生したら、どこまで水がくるの?
  • 避難所まではどうやって行けばいいの?

事前にできること

非常時に備えて備蓄品の用意や、非常時に持ち出しをするものなど、万が一の災害に備えて事前に準備をしておきましょう。

防災ネットあかしに登録しておくと、災害時の避難情報や緊急気象情報などの情報をメールで配信してもらうことができます。

災害時に取るべき行動

ハザードマップには、風水害・地震・津波など、災害が起こったときに取るべき行動も掲載されています。

大雨時に取るべき行動
地震時の行動

避難場所・避難経路の確認

自宅近くの避難場所ならびに避難経路を確認して、家族で共有しておきましょう。

またさまざまな災害の状況を想定して、最寄りの避難場所1ヶ所だけでなく、複数の避難場所も確認しておくと安心です。

ハザードマップは、5月中に全戸配布予定(無償配布)。届いたら確認しておきましょう。

明石市のホームページでも併せて公開されています。

ホームページ 明石市ハザードマップ