夏の風物詩!7/21 岩屋神社で明石最古の海上神事「おしゃたか舟神事」

おしゃたか舟神事

岩屋神社で明石最古の海上神事

明石の夏の風物詩としても知られる「おしゃたか舟神事」が、2019年7月21日(日)、岩屋神社でとり行われます。

「おしゃたか舟神事」は、海難防止と豊漁を願って斎行される神事。今から1800年前に始まったとされる明石最古の伝承行事、海上神事です。毎年7月の第3日曜日に斎行され、多くの参拝者で賑います。

白のしめこみ(ふんどし)、頭や首に赤鉢巻を巻いた氏子15人が、お供えのサカキを立てた約1.5mのおしゃたか舟を「おしゃたか」と唱えながら海に投げ込み、泳いで進んでいきます。おしゃたかとは、神様が「おじゃったか(おいでになったか)」という方言です。

当日は、厄除けの茅の輪くぐり、小学校児童あんど展、餅撒きなどの神賑行事や夜には出店屋台等で境内は賑わいます。

おしゃたか舟神事の日程・会場・料金

岩屋神社

【開催日】2019年7月21日(日)
【時間】10:00~本祭
【料金】無料
【会場】岩屋神社
【所在地】兵庫県明石市材木町8-10

ホームページ 岩屋神社 明石観光協会

岩屋神社に明石最古の伝統神事「おしゃたか舟神事」を見学に行ってきました

2019年7月21日
おしゃたか舟神事