中学生の職場体験「明石市トライやる・ウィーク」が開催されます 6/3~6/7

明石市トライやる・ウィーク

明石市トライやる・ウィークが開催されます

明石市トライやる・ウィークが、2019年6月3日(月)~6月7日(金)に開催されます。

「トライやる・ウィーク」は、市内の中学2年生を対象にした職場体験です。農業や酪農・漁業など農林水産体験活動、地域の職場での体験活動、文化・芸術創作体験活動、ボランティア・福祉体験活動、外国人との交流など、社会に出てさまざまな体験をすることができます。

1998年にスタートしてから毎年恒例になっているようですが、恥ずかしながら、私は今日このポスターを見るまで「トライやる・ウィーク」というものを知りませんでした。

私が中学生の頃にはまだ実施されていませんでしたが、もし当時「トライやる・ウィーク」があったら是非参加してみたかったなと思います。ただし、あの頃の自分が積極的に参加したかはちょっと疑問ですが・・・。

兵庫県教育委員会の公表している手引きを見ると、「トライやる・ウィーク」が始まったのは、1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件(いわゆる酒鬼薔薇事件)がきっかけ。この事件は犯人が普通の中学生だったことから、当時社会問題にもなりました。

ニュース

この事件を機に、思春期で様々な葛藤や不安を持つ年頃の中学生に対し、心の教育として現場を学習させようと職場体験がスタートしました。

職場体験を通じて、周りの人と協力・協働しながら社会と関わり、また自ら考え主体的に行動し問題を解決する能力を育成することも「トライやる」の目的の一つです。

早い時期に社会に関わっておくことはその後の人間形成に大きな影響を与えてくれそうですね。

明石市トライやる・ウィークの開催日・対象

【開催日】2019年6月3日(月)~6月7日(金)
【対象】公立中学校及び県立中等教育学校前期課程2年生、義務教育学校後期課程8年生の生徒全員、市立特別支援学校中学部2年生

ホームページ 兵庫県教育委員会義務教育課(トライやるウィーク)

明石市トライやる・ウィーク

ABOUTこの記事をかいた人

明石たうんず編集部

明石育ち。しばらく明石を離れて久しぶりに帰ってきたら明石の町並みがすっかり変わっていてビックリ。明石駅近隣に住むスタッフ2名で、明石駅から徒歩圏内を中心にちょっとニッチなタウン情報をお届けしています。